講義と執筆

食生活研究誌のシリーズ原稿

 ひょんなことから、食生活研究という短大生向けに企画された定期刊行物(年6回刊行)へ1号おきに寄稿することになってしまいました。この刊行物はデジタル化されていないので、寄稿した原稿を当方で2段組に編集しPDF化してここに置きます。興味のある方はお読みください。

・うどん類の歴史と分類(食生活研究、第38巻3号、121-130、2018):PDF化した原稿

・豚肉と日本人(食生活研究、第38巻5号、261-272、2018):PDF化した原稿

・日本特産の香辛料である山椒(食生活研究、第39巻1号、1-10、2019):PDF化した原稿

・日本の香酸柑橘(食生活研究、第39巻3号、113-124、2019):PDF化した原稿

・日本人とイモ(食生活研究、第39巻5号、235-248、2019):PDF化した原稿

・世界を制覇したインゲン豆(食生活研究、第40巻1号、2-15、2020):PDF化した原稿

 お詫びと訂正:上記のインゲンに関する論考の中では、本朝食鑑という江戸時代の書物におけるインゲンの記述「江東には少なく、海西で多く栽培されている」を引用し、江東を中国の長江の東、海西を中国の青海地方の西と解釈して考察を進めています。しかし、最近、本朝食鑑における「江」とは墨田川のことであることに気づきました。したがって、江東とは江戸の東部の意味になります。そうすると海西も、東海道の西、つまり西国を指すことになります。つまり、インゲンが江東には少なく海西に多いというのは、当時のインゲンが江戸周辺では栽培されておらず、西国で栽培されているということになります。論考では、海西を青海地方西部と解釈したので、中国の奥地でインゲンが栽培されており、インゲンの中国伝播のルートとして陸路もあり得ると述べてしまいました。海西が西日本を指す以上、この考察は成立しません。本朝食鑑をもう少し丁寧に読めばすぐにわかることでした。ここにお詫びします。なお、次回の食生活研究の記事においても、この点を訂正した文を掲載いたします。

・鯛と日本人(食生活研究、第40巻3号、143-155、2020):PDF化した原稿

・日本で栽培野菜として発展したゴボウ(食生活研究、第40巻5号、255-262、および第40巻6号、336-344、2020):PDF化した原稿

・ミョウガ(食生活研究、第41巻1号、印刷中、2021):PDF化した原稿

 IMG_0776

 

講義

 2020年度、吉田は、千里山キャンパスで教養科目の「食を知る(春1クラス・秋2クラス)」、専門科目の「栄養科学」「環境科学」「公衆衛生学」「生物統計学(全体の13/15)」、大学院科目の「栄養化学特論」を担当しています。また、コンソーシアム大阪での講義科目「食べ物の役割と日本における食材の歴史」、大阪工業大学と松下看護専門学校の「公衆衛生学」の講義を担当しています。
 福永は、専門科目の「生化学4」「基礎分析化学」「食品科学2」「機能性食品」、堺キャンパスで教養科目の「食を知る」、大学院科目の「食品化学特論」、細見は、専門科目の「食品科学1」と「食品衛生学(全体の半分)」、大学院科目の「食品保蔵学特論」を担当しています。
 3名の教員とも、これら以外にも、実習科目やゼミナール科目も担当しています。